UGG®のブーツを雨の日に!

UGG®(アグ®)を象徴する存在である、クラシックブーツ。
シープスキンブーツと言われて真っ先に思い浮かぶのは、クラシックブーツだという方も多いことでしょう。
しかし、そんな大定番アイテムが密かにバージョンアップを繰り返し、雨の日でも気軽に履けるようになっているということを、みなさんご存知でしょうか?

オリジナルのシルエット「CLASSIC II(クラシック II)」

じつは、派生モデルを含めさまざまなバリエーションが存在するクラシックブーツ。そのラインナップ中で、おなじみのオリジナルシルエットをそのまま受け継いでいるのが「CLASSIC II」です。
長年親しまれてきた「CLASSIC」のアイコニックなデザインはそのままに、撥水・防汚性に優れるScotchgard™(スコッチガード)プロテクターを備えているので、少しの雨なら 足元をしっかりガード。さらに、従来のものより軽量ながらグリップ力に優れるアウトソールを採用することで、機能面を大幅に向上しています。クラシックな面持ちを損なうことなく、より快適に生まれ変わったアップデート版なのです。

「TALL」「SHORT」「MINI」の3タイプ

左からTALL、SHORT、MINI

クラシックブーツには、3つのシルエットが存在します。すねのほとんどを自慢のツインフェイスシープスキンが覆う「TALL」タイプ。くるぶしの上ぐらいまでの「MINI」。そして、その中間の「SHORT」。体型やスタイリングの気分によって、最適なバランスを選んでいただけます。

雨にも雪にも!防水仕様の最新モデル「CLASSIC WATERPROOF(クラシック ウォータープルーフ)」

UGG®で使用している上質なグレードAシープスキンによる保温性の高さから、冬の足元の定番として愛されているクラシックブーツ。しかしレザー素材の特性上、悪天候はあまり得意ではありませんでした。
寒い雨の日や雪の日にこそ、足元を温めてくれるシープスキンブーツを履きたい。そんな声が年々高まる中、生まれたのが「CLASSIC WATERPROOF」です。防水性のあるスエードアッパー、水の入り込みを防ぐシームシールド構造、軽量でクッション性に優れたミッドソール、グリップ力に優れたVibram®アウトソールで機能的に仕上げています。シープスキンのふわふわな履き心地はそのままに、高い防水性を備えた「CLASSIC WATERPROOF」なら、一日中雨という日でも、真冬の雪の日でも、足元を暖かく快適に保ってくれます。
なお、このCLASSIC WATERPROOFは、SHORTとMINIの展開です。

そもそも「CLASSIC」って?

CLASSIC IIから採用のレザーヒールロゴ

“classic” を直訳すれば “古典”。つまり、ただ古ければいいということではなく、「良いものである」という評価とともに伝えられてきたものだということ。本当に価値があるものだからこそ、CLASSICの名のもとに、自信を持っておすすめすることができるのです。
今なお進化を続ける、現在進行形の「CLASSIC」。ファーストUGG®としてはもちろん、しばらくUGG®のブーツを履いていなかったという方にも、ぜひお試しいただければと思います。

CLASSICの全ラインナップを見る