UGG 2017秋冬キャンペーンのアグ・コレクティブを発表

俳優、カイル・マクラクランから、ロック界のレジェンド、キム・ゴードンまで、新たに華やかなキャストが登場

東京 (August 17, 2017) – カリフォルニアの西海岸で生まれたグローバルライフブランドUGG® (a division of Deckers Brands, NYSE: DECK)は、2017春夏に続き、秋冬キャンペーンでも ”アグ・コレクティブ”を通して、カリフォルニアのリアルな世界観を表現します。
本キャンペーンでは、カリフォルニアで様々なバックグランドをもつ”アグ・コレクティブ”のメンバーにフィーチャーすることにより、UGG®ブランドの多様性、他に類を見ないカルチャーやスピリットを強調しています。

The UGG® Collective(アグ・コレクティブ)
“アグ・コレクティブ”は、カリフォルニアのフォトグラファーやミュージシャン、俳優、アーティスト、サーファー、スケーターなどから構成されています。UGG®ブランドの世界観と同じく、彼らは挑発的で、進歩的で、自由な精神を持ち、感覚的で、楽観的で、温かい人々です。UGG®は毎シーズン、ブランドを代表するユニークな個性を持つメンバーを新たに選びます。彼らのストーリーを語ることが、まさにUGGのストーリーを語ることなのです。

カイル・マクラクラン(Kyle MacLachlan)
カイルを語るのに最もわかりやすいのは、社会現象を巻き起こしたデヴィッド・リンチ監督のTVドラマで演じたFBI捜査官、デイル・クーパー役。続編シリーズでの鮮やかなカムバックも注目される彼は、役者の顔とは別に、彼の自由な時間をウェストコーストで過ごし、ワイン作りの腕を磨いています。

キム・ゴードン(Kim Gordon)
アイコニックなロックバンド “ソニック・ユース”の結成メンバーで、音楽界のレジェンド、キム。現在はLAに住み、音楽やビジュアルアート、執筆活動などを通じで革新的な表現を続けるアーティストです。

ウズマキ・セペダ(Uzumaki Cepeda)
ウズマキはLAを拠点とする若手アーティスト。彼女のインスタレーションは、アートへの型破りなアプローチを想起させます。シープスキンやフェイクファーなどのテキスタイルを用いたアート作品を手がけ、日常的なものを刺激的にリメイクする彼女の表現方法は、自由な心と柔軟な視点で物事を見るということを教えてくれます。

フレッチャー・シアーズ(Fletcher Shears)
フレッチャーは常に自分のスタイルを持ち、ジェンダーバイナリーにとらわれず、シンプルに自分が良いと思った服を選びます。オレンジカウンティを拠点に活動するバンド、The Gardenのドラマーである彼は、すべてのパフォーマンスに自分の個性を反映させています。彼はそれを「悪夢みたいだけど妙に魅力的」と表現しています。

ワイアット・シアーズ(Wyatt Shears)
ワイアットは、オレンジカウンティを拠点に活動するバンド、The Gardenのベースプレーヤー兼ボーカリスト。独創的な創造性で音楽と哲学を融合させ、カリフォルニア・パンクのサウンドを再形成し、ウェストコーストでの自身のライフスタイルを表現する音楽体験を発信しています。

ザッカリー・マイケル(Zackery Michael)
ザッカリーは、自由奔放な冒険心でカメラを携え、ミャンマーの山岳地帯からニューヨークのファッションショー、ハリウッドの高級住宅街にまで活動の場を広げています。彼の写真は、太陽の下で輝く生命のユニークな美しさをとらえます。

ハナレイ・レポンティ(Hanalei Reponty)
ハナレイは、歩けるようになる前に泳ぎを身に着けました。プロサーファーとしてキャリアをスタートさせた彼女は、スポーツの知識と起業家精神を融合させ、シンプルで自由なビーチライフを楽しむためのサーフウェア・ラインを立ち上げ、成功させています。

ローラ・マクドネル(Lola McDonnell)
アップカミングモデルのローラ。世界を舞台に活躍する彼女が自由な心に導かれて旅する先は、輝く太陽が待っている場所。そんなポジティブなエネルギーにあふれたローラの生き方は、まさにカリフォルニアのライフスタイルを体現しています。

ダニエル・ヒブナー(Daniel Hivner)
南カリフォルニアで生まれ育ったダニエルは、自由で高揚感あふれる人生を謳歌するスケートボーダー、サーファー、そしてスノーボーダーです。彼はそのはつらつとしたオプティミズムで、山々から太陽が降り注ぐビーチシティのストリートまで、終わりなき冒険を続けています。

本キャンペーンの撮影は、カリフォルニアを象徴する様々なロケーションで行われました。雄大な山々から自然のままの森林地帯、活気あふれる都市部、静かなビーチタウンまで、多彩な要素を広く受け入れるカリフォルニアには、世界中の人々が集います。 本キャンペーンのため、UGG®とキャストはカリフォルニア中を旅して回り、ブランドとカリフォルニアのカルチャーを象徴する場所を見つけました。

キャンペーンは、ジェシカ・ウェルズ(Jessica Wells)がクリエイティブディレクターとして指揮をとり、写真家のフレデリック・アワーバック(Frederic Auerbach)とビデオグラファーのカウアイ・モリテルノ(Kauai Moliterno)が撮影を、HDF.LAがプロデュースを担当しました。キャスティングディレクターのシェイ・ニールセン(Shay Nielsen)がこのキャストを実現し、ワードローブスタイリストのケイト・ルース(Kate Ruth)、ヘアスタイリストのジオ・カンポラ(Gio Campora)、メイクアップアーティストのケイティ・デンノ(Katey Denno)の手によってイメージが体現されました。プロップスタイリストのロバート・サムレル(Robert Sumrell)は、ロケーションに程よいセンスとディテールを利かせました。インディーロックバンドのコールド・ウォー・キッズ(Cold War Kids)は、ブランドキャンペーンムービーにサウンドトラックを提供しました。