UGG、WHITE MOUNTAINEERINGとのコラボレーション 2017春夏新作コレクション

Kas II WM & Seaward WM 3月 18日 日本限定発売

東京 (2017年3月10日) – カリフォルニアで誕生したUGG® (a division of Deckers Brands (NYSE: DECK) は、3月18日、“服を着るフィールドは全てアウトドア”をコンセプトに掲げ、デザイン、実用性、技術の3つの要素を一つの形に表現するWhite Mountaineeringとの コラボレーションアイテム第3弾として、メンズスタイル Kas II WM、及び Seaward WMを日本限定発売致します。

UGG®のカリフォルニア・ライフスタイルのスピリットをベースにしたスタイルと、White Mountaineeringのブランドエッセンスが見事に融合したコレクションです。

Men’s Kas II WM <価格:21,000円(本体価格)>
UGG®春夏コレクションの定番「KAS」の全面に、シーズナルテキスタイルの1つであるトロピカルパターンを採用。White Mountaineeringの2017春夏コレクションのシーズンテーマ、”OCEAN COLOR”の雰囲気が漂う一足に仕上がりました。
その存在感のあるリゾートライクなルックスが最大のポイントながら、さらにパイピングや
ヒールパーツにデザインアクセントとしてホワイトレザーをチョイス。
コルクのフットベッド、手縫いのディテールを施したサイドウォール、ヒールの内側に配した
天然ウールといったUGG®ならではのディテールももちろん踏襲しています。
ヒール部分にはUGG®およびWhite Mountaineering両者のロゴをエンボスで表現しました。

Men’s Seaward WM <価格:23,000円(本体価格)>
チャッカブーツとエスパドリーユをミックスさせたデザインで人気を博すUGG®名作「CHUCK」
をベースにデザイン。
通常2個のUGG®のインラインを3アイレットへ変更、1つ分のアッパーを伸ばして全体のバランス
をリニューアルしました。
アッパーのボーダーパターンはプリントではなく、コットン生地とナイロン生地の切り替えで柄を
デザインした、非常に手のこんだディテールになっています。
White Mountaineeringが2017春夏コレクションで提案したネイビー×ホワイト×オレンジのカラーリングになっている点も特徴の1つです。そんな明るい配色ながら、シューレース、パイピング、ヒールといった各パーツをネイビーで統一することにより見た目以上に幅広いスタイルに合います。
ヒール部分にはUGG®およびWhite Mountaineering両者のロゴをエンボスで表現しました。

販売店:UGG®直営店(渋谷、銀座、大阪、神戸、札幌、表参道ヒルズ、東京ミッドタウン、
ダイバーシティ東京プラザ、マークイズみなとみらい、テラスモール湘南)、
UGG®公式サイト及びWhite Mountaineering代官山店、伊勢丹新宿店