ファッションインフルエンサーで俳優のルカ・サバドが、 UGG: 40 YEARS グローバルキャンペーンに登場

東京(2018年10月11日) ‐ 本日、UGG® (a division of Deckers Brands, NYSE: DECK) は、1か月間にわたるアニバーサリーキャンペーン「UGG: 40 Years」の一環として、最終アンバサダーを発表します。俳優でモデル、アーティスティックディレクターでもあるLuka Sabbat(ルカ・サバド)は、モデルのAdwoa Aboah(アジョア・アボアー)とデザイナーのHeron Preston(ヘロン・プレストンらと共に、ブランドのアイコンスタイルを披露しています。これらのユニークな人々は、次世代のUGG®を象徴しています。​

Luka Sabbat(ルカ・サバト):クリエイションへの情熱が原動力であるルカ・サバトは、俳優やモデルのほかに、Hot Messと名付けた写真や映画、洋服、家具などのコラボレーティブなプロジェクトのアーティスティックディレクターとして、独自のルールに従って生きています。ファッション業界で働く両親のもとで、ニューヨークとパリを行ったり来たりしながら育った彼は、持って生まれたファッションセンスを自分の活動すべてに注ぎ込んでいます。大胆なほどありのままの自分で生きる彼は、クリエイティブな若手企業家の意味を再定義します。

1978年にメンズのサーフブランドとして設立され、ファッション業界の権威へと成長したUGG®は、大胆で挑発的で自由な精神を持ち続けることにより、カリフォルニアで暮らすライフスタイルの意味を示し続けています。2018年10月3日にデビューした「UGG: 40 Years」グローバルキャンペーンは、写真家で

ビジュアルアーティストのErik Madigan Heck(エリック・マディガン・ヘック)によって撮影されました。彼は作品の中で、精巧で時代を超越した世界を創り出すことで知られています。