2018秋冬 アグ・コレクティブ

UGG COLLECTIVE. (アグ・コレクティブ):
大胆で、自由なスピリットをもち、常に革新的であり続ける、UGG®のオフィシャルビジュアルに登場するクリエイティブなカリフォルニアンのグループ。

アグ・コレクティブがUGG®のプロモーションに登場するようになって数シーズンが過ぎ、コレクティブのメンバーもブランドと共に変化し、そして進化を続けています。今シーズンのアグ・コレクティブでは、俳優、ミュージシャン、フォトグラファー、トラベラー、サーファー(という枠だけにとどまらない魅力を備えた様々な人々)たちにフィーチャーしています。彼らはアートな創造をしたり、UGG®と共に、マンハッタンビーチやハリウッドヒルズという都会から、雄大な山々に囲まれたレイクタホまで、その多様なカリフォルニアの土地を探索しています。

ここから始まる新しいシーズン、UGG®は彼らとともに、彼らのストーリーを語り、その本質に迫りながら彼らの姿をお見せしていきます。ここではシーズンに先立ち、その新たなアグ・コレクティブをご紹介したいと思います。

Sasha Lane(サーシャ・レーン)

大胆なスピリットとスクリーン上でのカリスマ性を備えたサーシャ・レーンは、ブレイク寸前のハリウッド注目の女優です。2016年、彼女はアンドレア・アーノルド監督の“アメリカン・ハニー”の主役として鮮烈なデビューを飾り、その演技は絶賛を浴びるものとなりました。Teen Vogueでは変革を起こす“2018注目の人”の1人として彼女をピックアップしており、さらに本年はミラ・ジョヴォヴィッチ共演の待望の映画“ヘルボーイ”を含むいくつもの映画にキャスティングされています。

Gianni Lee(ジャンニ・リー)

ジャンニ・リーは、ロサンゼルスを拠点に活躍する、ビジュアルアーティストであり、音楽プロデューサーでもあり、DJ、ファッションデザイナーでもあります。リーは、リアーナが好んで着用しているカルト的人気の、彼のストリートウェアブランドである“Babylon Cartel”や、口コミから広まった彼のキュレートするミックステープなどから人気に火が付き有名になりました。 彼の明るく、シンボリックなペイントやストリートアートを通して、アメリカやアメリカを取り巻く国々で起きている様々な社会問題の真実を追及しています。

Clementine Creevy(クレメンタイン・クリービー)

ミュージシャンのクレメンタイン・クリービーは、アップカミングなバンドとして注目の“チェリー・グレイザー”を15歳の時に自分の部屋で結成し、以来2つの高い評価を得たアルバムをリリースしています。悪びれない、ワイルドで複雑なチェリー・グレイザーの楽曲は、パンクの精神と世の中に対する鋭いユーモアな視点に基づいています。クレメンタインはまた、人気のアメリカドラマ“Transparent (トランスペアレント) ”の中で、バンド”Glitterish”のメインボーカル役として出演。ドラマデビューも果たしています。

Zackery Michael(ザッカリー・マイケル)

ザッカリー・マイケルは、アドベンチャーに生きる独学のフォトグラファーです。彼は、ニューヨークでファッションシューティングやLAでセレブリティ―のフォトシュートをしているか、それ以外の時はミャンマーで山岳部族と暮らす生活を送っています。彼のフィルム写真は、人や場所そのものの本質に迫ることに焦点を置いていて、ガールフレンドであるローラ・マクドネルや、アレクサ・チャンやアークティック・モンキーズなどの仲の良い友人たちとコラボレーションしていたり、もしくは世界中のそしてカリフォルニアのウェストコーストを旅してまわっています。

Lola McDonnell(ローラ・マクドネル)

ローラは自由なスピリットの持ち主です。旅をこよなく愛する、そのワイルドなマインドが彼女を世界中のアドベンチャーへと駆り立てます。彼女はまだ若いうちから旅をすることに夢中になり、それ以来、主にボーイフレンドのザッカリーと共にあちこち飛び回っています。海が家であるかのように、ローラは特に太陽を思い切り浴びることのできるカリフォルニアのウェストコーストがお気に入りの場所です。

Daniel Hivner(ダニエル・ヒヴナー)

南カリフォルニアで生まれ育ったダニエル・ヒヴナーは、自由で高揚感あふれる人生を謳歌するスケートボーダーであり、サーファーであり、スノーボーダーです。彼の活発で楽天的なスピリットは、日差しあふれるビーチシティのストリートから雄大な山々まで、終わることのない冒険へと彼自身をいざないます。