UGG メンズ 2018AW。秋の足元を彩る3つの注目アイテム

もうすぐ本格的な秋の到来。まずは足元から、秋仕様にシフトチェンジしてみませんか?今回は、UGG®のメンズアイテムの中から、意外と知られていない定番のシープスキンブーツ以外の2018秋冬新作アイテムをご紹介します。
アウトドアに最適なブーツ、履き心地にこだわったカリフォルニア製法で作られたスニーカー、そしてインでもアウトでもどちらにも使える人気のスリッポンなど、それぞれ個性の違う3足です。

① 多様なスタイリングにマッチ。ネイティブ感が魅力の「タスマン」

インでもアウトでも履ける人気モデルのスリッポン「TASMAN(タスマン)」は、スエードアッパーにタスマンブレードのアクセントを加えた一足。軽量でしなやかなアウトソールと、ふわふわのシープスキンライニングで履き心地も快適。冬はデニムやソックスなどに合わせてカジュアルスタイルにも。

TASMANの詳細を見る

② カリフォルニア製法を用いた履き心地が人気の「カリ スニーカー ロー Ⅱ SS」

一度履くとやめられないと、隠れた人気を呼んでいるカリスニーカーにカウヘアーのディテールが特徴の新作が登場。いつもの白スニーカーコーデにひとアクセント投入することでこなれた印象にしてくれる、見た目よりも意外と使いやすい一足です。 1970年代のカリフォルニアのスケートカルチャーからインスパイアされたローカットスニーカー「CALI SNEAKER LOW II SS(カリ スニーカー ロー II SS)」は、一点一点表情の異なるカウヘアーと、天然ウールのシームが特徴です。

CALI SNEAKER LOW II SSの詳細を見る

③ マイナス20度まで対応。ハイスペックモデル「コールダー ブーツ」

過酷な天候にも対応できる「CAULDER BOOT(コールダー ブーツ)」。防水性のあるレザーを使用した頑丈な作りのアッパーは、サイドにジッパーがついているので着脱がラクに。ソフトウールのライニングとフリースのレイヤーにThinsulate™(シンサレート)を重ねているので、-20度の寒さにまで対応が可能。氷上や雪の中でも柔軟性を維持するソールなど、あらゆる面で冬場に最強のブーツです。

CAULDER BOOTの詳細を見る

定番のシープスキンブーツやチャッカブーツに防水機能を搭載したアイテムも登場し、さらに高機能なアイテムも続々。ぜひ2018秋冬のメンズアイテムをチェックしてみてください。

メンズアイテムを見る