UGGにまつわる5つのTips

ムートンとシープスキンの違いとは? どうしてシープスキンは暖かいのでしょうか? そんな、UGG®に関する素朴な疑問にお答えします。

#1 ムートンとシープスキンの違いとは?

ムートンもシープスキンも実はどちらも羊革、羊毛を指しています。フランス語ではムートンと呼び、英語ではシープスキンと呼びます。アメリカやカナダでは、ビーバーやアザラシなどの毛皮に似せてなめされたシープスキンを特に区別して、Mouton Fur(ムートンファー)と呼ぶこともあるようです。

#2 シープスキンはどうして暖かいの?

UGG®では最高品質グレードAの天然素材であるシープスキンのみを使用しています。その中でも多くの商品に使われているのが、UGG®のトレードマークとも言えるツインフェイス・シープスキンです。1枚の羊革の両面を贅沢に使用したUGG®のシープスキンは、柔らかく最高の履き心地を提供。また、シープスキンの特徴として、通気性にも優れ、熱と湿気を逃して室内でも屋外でも足をドライな状態で体温に近い温度を保ってくれます。そのため、寒暖差の激しい地域を含め、どんな場所でもストレスなく快適に履くことができるのです。

#3 UGG®はオーストラリアのブランドではないのですか?

UGG®は、アメリカ、カリフォルニアのブランドです。

Instagram: @keisukesyoda

今から約40年前、南カリフォルニアのビーチからスタートしました。ブランド創業は1978年、立ち上げたのは若きオーストラリア人サーファーです。彼の故郷、オーストラリアでは、シープスキンが昔から愛されていたので、それを使ったシューズが誕生したのです。1980年半ば、南カリフォルニアのカルチャーの象徴として、UGG®が多くのサーフショップで見られるようになりました。そこから、UGG®が広く知られていくようになったのです。

#4 UGG®のストアや公式サイトに登場するモデルたちは誰?

カリフォルニアにルーツのあるUGG®は、カリフォルニアの地で活躍するフォトグラファー、ミュージシャン、俳優、サーファー、スケーター、世界中を放浪する旅人や探究者たちを集めた“アグ・コレクティブ”を結成し、2017年春夏から新たなコンセプトでのキャンペーンをスタートしています。

2017年春夏はアメリカ人アーティストのフォトグラファー、タスヤ・ヴァン・リーやLAベースのラップグループ、ウォーム・ブリューなどを起用。2017-18年秋冬は俳優のカイル・マクラクランやロック界のレジェンドであるキム・ゴードンなど起用しました。
2018年春夏も、新たなメンバーによるコレクションビジュアルを1月より展開しています。

各シーズンごとに新たに結成される、挑戦者であり、革新的、センシュアルで楽天的で、現実的でもあり、そして自由なスピリットをもつUGG®のブランドを体現する個性豊かなバックグラウンドの彼らと、UGG®の持つアイデンティティが共鳴したキャンペーンにご期待ください。

#5 UGG®と一緒によく出てくるデッカーズジャパンって何?

UGG®は、1978年にカリフォルニアで誕生した、Deckers Brands(デッカーズ ブランズ)のブランドです。

“ブランズ”の名の通り、いくつかのブランドからなるデッカーズには、1984年に世界で始めてスポーツサンダルを開発したTeva®(テバ)や、ランニングシューズを根本から見直すことで独自の革新的なテクノロジーを生み出し、2017年より日本でも展開を開始したHOKA ONE ONE®(ホカ オネオネ)などのブランドがあり、デイリーなカジュアルスタイルだけではなく、高度なアウトドアアクティビティからファッションシーンにまで対応する、革新的なフットウェア、アパレル、アクセサリーをデザイン、展開するグローバルブランドです。

日常の様々なシチュエーションに寄り添うデッカーズのUGG®、TEVA®、HOKA ONE ONE®を今後ともどうぞよろしくお願いいたします!